アール工房有限会社
CONTENTS MENU
HOME
最新ニュース
リフォーム
カラー研究所
会社概要
物件紹介

アール工房有限会社
札幌市清田区北野6条3丁目7-6
TEL/011-885-7149
FAX/011-883-1915
お問合せはこちら
カラー研究所


色の力で、人は動く。


YELLOW
DOMINANT COLORS

photo
色はイメージを決定づける重要な鍵

人間が物を見るとき、まず眼がとらえるのは色だといわれています。そして私たちは毎日無意識のうちに色から様々なイメージを受け、その印象を積み重ねながら暮らしているのです。それだげに色が人に与える影響はとても大きく、商品の売上や企業イメージ、人の印象までも左右しかねません。近年、色彩関係の業務を専門に行う組織や会社が増えてきたのも、色の重要性や使い方の難しさが理解されてきた結果といえるでしょう。

同じような色なのに調和しない
そう思われたことはありませんか?


たとえばドイツの街並み。建物やサイン、ポスターなど単品がもつイメージはそれほど印象強くないのですが、全体がある一定のトーンで統一されているため、見る人に美しく落ち着いたイメージを与えています。このように色は一貫したトーンやイメージでコーディネートすることが重要なポイントとされています。しかし一見同じような色でも、実際に組み合わせて見ると調和せず不快に感じることさえあります。これはどうした理由からなのでしょうか。


すべての色は二つの系統にわけられます

ところで自然界の色はすべて二つの系統から成り立っているのをご存じでしょうか。アメリカの大学で分光器を使った実験を行なわれたところ、すべての色はブルー系かイエロー系のどちらかに分かれ、しかも例えばイエロー系の緑の葉にはイエロー系の花がつくというように必ず同じ系統で構成されていることがわかりました。自然の微妙な色同士の組み合わせがとても美しく調和して見えるのも、コーディネートの鍵となる「法則」が潜在的に実践されていたからなのです。

コーディネートのための新しいカラー理論
それがDOMINANT COLOR PROGRAです


この自然界の法則をわかりやすくシステム化したのが「DOMINANT COLOR PROGRA」です。860種の色をYELLOW DOMINANT、BLUE DOMINANTの2系統に分けて色相別に配列し、さらにそれぞれの系統に合うアクセントカラーを設定しました。ですから色の組み合わせを考えるとき、おなじDOMINANTの中から選べば調和のとれたコーディネートが間違いなく、効率よくできることになります。またより高度な色彩感覚を身につけるためのトレーニングにも役立ちます。

色の力は、
ことばより強い。


BLUE
DOMINANT COLORS

photo


Copyright(C) 2006, [R-FACTORY INC.] Ltd. All rights reserved.

設計事務所 北海道知事登録(石)第3474号
建築業許可 北海道知事許可(般-7)石第14590号
宅地建物取引業 北海道知事石狩(5)第6104号